/

この記事は会員限定です

ポップ音楽と民主主義 ウクライナの平和訴えライブ

石田昌隆氏(写真家・音楽評論家)に聞く

[有料会員限定]
ロシアのウクライナ侵攻が続くなか、ミュージシャンがウクライナを支援しようと立ち上がっている。ポップ音楽と民主主義の関係をどう捉えるか。写真家・音楽評論家として冷戦終結前後の東欧に足しげく通った石田昌隆氏に聞いた。

自由求める精神的支柱に

3月10日、米ニューヨークでウクライナを支援するチャリティーコンサート「ア・ベネフィット・フォー・ウクライナ」が開かれた。主催したのは多国籍パンクバンドのゴーゴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン