/

この記事は会員限定です

介護サービス費の自己負担 「上限」超過で払い戻しも

学んでお得

[有料会員限定]

少子化や核家族化を背景に、家族以外が介護を担うケースが増えている。老後資金で介護費に不安を感じる人もいるだろう。家計への負担を極力抑えるため、介護保険の自己負担分が一定額を超えれば払い戻してくれる制度を確認しておこう。

介護保険の対象サービスの費用は、所得に応じて1~3割が自己負担となる。さらに要介護度に応じた利用限度額が設定されているほか、食費や身の回りの日常品の購入代金は全額自己負担となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン