/

この記事は会員限定です

服飾研究家・深井晃子さん 文化保存へ導いた祖父と父

こころの玉手箱

[有料会員限定]
ふかい・あきこ 1943年岡山県生まれ。お茶の水女子大大学院修士課程修了。79年より京都服飾文化研究財団で学芸部門の仕事に関わり、キュレーターとして数多くの展覧会を手掛ける。2015年に名誉キュレーターに就任。

マルジェラが手掛けたエルメス

仕事柄、色々な服を着た。尖(とが)った服も大好きで、服と言うより彫刻とでもいうようなコムデギャルソン(川久保玲)の、背中がこぶのように膨らんだドレスも着た。後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3393文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません