/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり 高菜の古漬けの実力

[有料会員限定]

発酵学を修めていると、どんな発酵食品にも愛情が深まり、またその魅力に惹(ひ)かれて、ついつい毎日のように体に納めてしまうのが我が輩こと「発酵仮面」の流儀である。納豆、味噌汁、酢のもの、醤油(しょうゆ)、漬物、乳製品、酒といったものを、一日たりとも欠かしたことなどない。

さてその発酵食品の中でも、ここでは漬物の話。九州をはじめとして、あちこちには「高菜漬け」があるが、これも我が輩の大好物で、厨房「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン