/

デビュー40周年の原田知世 「年齢重ねる喜び感じたい」

歌手と俳優の両輪で活動を続け、今年デビュー40周年を迎えた。新アルバムの「fruitful days」は、「たくさんの良い出会いがあった実りの多いこれまでの日々を、ゆっくり味わう」ような作品になった。

14歳でテレビドラマに初主演し、主題歌を歌い歌手としてもデビューした。10代の頃は女優という意識の方が強かったというが、1990年代にロックバンド「ムーンライダーズ」の鈴木慶一のプロデュースを受けたことが、歌手としての転機になったと振り返る。「パブリックイメージにとらわれず実験的なことに取り組んだことが、新たなリスナーとの出会いをもたらしてくれた」

今では歌は生活の一部にある。「さあ行くぞ、という気持ちで臨む女優業とは違い、仕事ではあるけれど構えずリラックスできる、精神的なホームのような場所」だとほほ笑む。

40周年記念のアルバムには、「もっと歌を研究したい」と個性豊かな楽曲をそろえた。ロックバンド「indigo la End」などで活動する川谷絵音を迎えた楽曲では「地声とファルセットを行き来するのがチャレンジングだった。良い化学反応が起きて、新しい一面を引き出してもらった」。松任谷由実の「守ってあげたい」のカバーは、10代の頃にも歌った思い出の曲。「本当の歌詞の意味をかみしめながら、とてもしっくりきている」と感慨もひとしおだ。

いま54歳。「細かいことにこだわって全て自分で決めようとはせず、みなさんのイメージに委ねるところは委ねたい」と自然体だ。「体力が落ちても、歌にはまだまだ伸びしろがある。年齢を重ねるごとの喜びを感じながら、なんでもない日々を充実させていきたい」と語った。

(北村光)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン