/

この記事は会員限定です

人力車で町並み見物 飛騨高山で復活、全国へ

親身に名所・店案内して四半世紀 中村勝臣

[有料会員限定]

浅草や京都、鎌倉で観光客を乗せて走る人力車。明治、大正時代に交通手段として広まったが、鉄道や自動車の普及により一度は衰退した。これを観光向けに復活したのが岐阜県の飛騨高山だということはあまり知られていない。私はその伝統を継ぐ一人として、四半世紀にわたり人力車を引いてお客さんの笑顔を見続けてきた。

江戸時代からの町家が通りに軒を連ねる古い町並み、日本3大朝市の一つである宮川朝市、朱色の欄干が映える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン