/

この記事は会員限定です

WORLD WITHOUT WORK ダニエル・サスキンド著

「AI失業」危機への処方箋

[有料会員限定]

本書の主張は次の2点に集約されるだろう。①AI(人工知能)によって近い将来、仕事が足りない「テクノロジー失業」の世界がやってくる。②このため「大きな政府」が介入して経済的繁栄を政府が再分配しなければならない。

このような要約だけを見せつけられれば、激しい反論がいくつも出てくるだろう。著者は予想される議論に対して、さまざまなデータや豊富な文献を収集し主張の確かな根拠を示している。著者の考えでは、A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン