/

この記事は会員限定です

イヤホンで大音量・長時間、耳に負担 難聴リスクも

[有料会員限定]
職場でのオンライン会議に趣味の動画視聴、音楽鑑賞……。様々な場面でイヤホンを使う人は多い。つい音量を上げてしまうが、度が過ぎると、難聴の原因になりかねない。耳を休ませる時間を大切にしよう。

難聴には音を集めて鼓膜まで伝える外耳や音の振動を増幅する中耳に問題が生じる伝音性難聴、耳の奥の内耳に障害が起こる感音性難聴、その両方の混合性難聴がある。

イヤホンで大きな音を長く聞いていると、内耳に影響が出やすく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1307文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン