/

この記事は会員限定です

マンション修繕積立金、3.5倍に増額も 住民の意識変化

工事費高騰、国も指針を見直し

[有料会員限定]

マンションの住民にとって悩みの一つが大規模修繕に備えた積立金不足だ。過去数年で修繕にかかる工事費が高くなったことが背景にある。対応は簡単ではないが、早めに積立金の大幅な増額を決める管理組合が出始めるなど、住民側の意識も変わりつつある。

「積立金を現在の3.5倍に」

「来年から毎月の積立金は現在の約3.5倍に引き上げます」。7月、ザ・パークハウス東戸塚レジデンス(横浜市)の管理組合は総会で積立金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン