/

この記事は会員限定です

意思決定に女性を OECD東京センター所長 村上由美子

ダイバーシティ進化論

[有料会員限定]

本欄を担当し早4年。古くて新しいテーマであるダイバーシティを多角的に議論してきたが、本稿で最終回となる。1986年の男女雇用機会均等法施行をきっかけに、日本で多様性が社会経済問題として注目され始めてから35年。進捗は一歩進んで二歩下がるというところであろうか。

この1年半ほどは、新型コロナウイルスの猛威が世界を震撼(しんかん)させた。未曽有の危機に直面した人々は意外にもダイバーシティの重要性を認識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン