/

この記事は会員限定です

社会人の先輩の言葉 一人の意見をうのみにしない

就活のリアル(上田晶美さん)

[有料会員限定]
学生向けの就活セミナーでは、社会人の先輩が自分の体験に基づいてアドバイスする場面がよく見られる。専門家は「特定の人物の体験談をうのみにせず、多くの人と出会って多様な意見と接してほしい」と呼び掛けている。

「私は転勤したくなかったから地方銀行を選んだ」。社会人20年生の男性が就活を翌年に控えた大学生に向け、持論を展開する場に居合わせたことがある。就活生を支援するために開かれたOBOG座談会でのことであ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン