/

この記事は会員限定です

家庭でもカーボンゼロ 在宅時間増え、自家発電に関心

解説本や動画サイトも後押し

[有料会員限定]

脱炭素への試みが家庭でも広がっている。太陽光発電でスマートフォンを充電したり、風力発電機を自分で手づくりしたり。コロナ禍で在宅時間が増えて自宅での電力消費への意識が高まっているほか、機材の進化も後押ししている。東日本大震災を機に高まった自然エネルギーによる自家発電への関心は、世界のカーボンゼロへの取り組みを受けてさらに高まっている。

「太陽とソーラーパネルがお仕事してるよ」。東京都世田谷区のマンシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン