/

着る食べる住む ポストコロナの持続可能な生き方とは

NIKKEI The STYLEまとめ読み

ものを大切に長く使う、野菜やハーブを少しでいいから自分で作ってみる、定住にこだわってきた住まい方を見直す。約2年間にもわたる長い新型コロナウイルス禍のなか、ライフスタイルを見直そうという機運が高まっています。NIKKEI The STYLEのフロント特集で、衣食住にわたる新しい生活様式を模索した記事をまとめました。これからの生き方を模索するヒントにしてください。

始末のこころで暮らす 伝統と融合し持続可能な生活に
ものを大切に、無駄にしない。節約・倹約しながら物事を計画的、合理的に進めるといった意味で、主に関西で昔から唱えられてきた「始末」という言葉。そこに宿る日本人の暮らしの倫理観をひもときます。(2021年4月25日付に掲載)
小さな自給、豊かな自足 無理なく過ごす新たな様式
「高コストの生活を支えるために我慢して働き、消費でストレスを解消する。そんな負のループから抜け出しましょう」。民宿を営みながら自給的生活を送る阿部由佳さん(下の写真右)が、東京・表参道にある市民大学「自由大学」で講師を務めたときの言葉です。衣食住の中で自分にできることを見つけ、その手で何かを作ってみる。そんな人たちを訪ねました。(2021年5月30日付に掲載)
動き出す現代のノマド、定住に縛られぬ生き方
デジタル技術の進化でテレワークが広がり、また多地域居住サービスが登場したことで、1つの住まいにこだわらず全国を転々としながら働き、暮らすライフスタイルが身近になってきました。都市と地方をまたいで暮らす人たちを追うなかで、社会制度の課題も見えてきました。(2021年9月12日付に掲載)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン