/

この記事は会員限定です

文庫をフィルム包装? 消費税の総額表示は本になじむか

活字の海で

[有料会員限定]

この春、書籍売り場のちょっとした変化が話題となった。講談社文庫が4月刊行分から本体のフィルム包装を始めたのだ。書籍などの価格を税込みで示す「総額表示」が4月に義務化されたことへの対応で、フィルムの上に税込み価格を記したシールを貼っている。

総額表示そのものは2004年に義務付けられていた。だが2度の消費税率引き上げのため、13年に期限付きで税抜き表示を認める特別措置法が施行された。その特措法が3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン