/

この記事は会員限定です

「伏線」と「回収」 行動学者 細馬宏通

[有料会員限定]

「伏線がしっかり回収されている」「伏線回収が見事」といった表現を、物語の感想でよく見かける。苦手だ。

作品についてあれこれ考えることじたいが苦手なのではない。むしろわたしは細かいことをあれこれ考え過ぎてしまう方だし、1つの作品について1冊分の本を書いたりもしてきた。物語の筋道、すなわち「線」を辿(たど)ることは、考え方の基本とも言える。けれど「伏線回収」ということばとはなぜかソリが合わない。

「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン