/

この記事は会員限定です

フィッシュマウスの襟 パリ発、世界が認めるエレガンス

[有料会員限定]

パリにアトリエを構える鈴木健次郎さんというテーラーがいる。一着100万円を超えるスーツを作る。年5回帰国し、オーダー会を開くたび満数の約40人の顧客が訪れる。新型コロナ下においても状況は変わらない。今年2度目の帰国でオーダー会を開いた鈴木さんを訪ねた。

鈴木さんが作るスーツは量産品とは別次元のもの。パリでの20年にわたる努力の集積が生むスーツは、着る人の周囲の空気を変える。鈴木さんいわく、「宝石の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン