/

この記事は会員限定です

日本の夏、風鈴の涼300年 各地の100種超を集めて展示

土田義郎(金沢工業大学教授)

[有料会員限定]

年々暑さが増しているような日本の夏。エアコンに頼らない昔ながらの涼の取り方が注目されていると聞く。風にそよいで「チリン」と涼しげな音を奏でる風鈴はその一つといえる。「サウンドスケープ(音風景)」といって、街の音が人間にどんな影響を与えるかを大学で研究している私は、40年近くにわたって日本各地の風鈴を集めてきた。

風鈴の歴史をたどると古代中国の占風鐸(せんふうたく)に行き着く。竹林に吊(つ)るし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン