/

この記事は会員限定です

広田弘毅 井上寿一著

「悲劇の宰相」の外交と内政

[有料会員限定]

東京裁判で文官として唯一、処刑された広田弘毅の評伝である。

城山三郎の小説『落日燃ゆ』が広田のことを、平和を求めつつ軍部に妨げられ、処刑された悲劇の宰相として描き、読者の強い同情と共感をかちとった。

これに対して、歴史研究においては、広田が中国大陸への拡大を支持していたとか、国内の圧力で受け入れたといった解釈が有力である。

広田自身が残した資料が乏しいこともあり、判断は難しい。本書は、予断を排し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン