/

この記事は会員限定です

福袋の発祥「大丸が本命」? 江戸期誕生、中身は端切れ

なるほど!ルーツ調査隊

[有料会員限定]

1月2日の初売りの風物詩といえば、中身が分からないドキドキ感とお得な品が入っているかもしれない期待が交錯する福袋。調べてみると、その事始めの言説も諸説入り乱れていた。

「福袋の由来は仙台の初売り」。インターネットでそんな情報を見つけた。複数のサイトに同様の説があったが、出典はよく分からない。だが仙台初売りといえば豪華な景品がつくことで全国的に知られる。仙台市博物館によると江戸時代には開催されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン