/

この記事は会員限定です

脱・男性主体の防災対応 「女性ゼロ」6割、自治体動く

[有料会員限定]

東日本大震災をはじめ数々の災害で、避難所運営の主体に女性がおらず、細かなニーズに配慮できていないことが顕在化した。地域防災や災害への対応を担う自治体において大きな課題だ。防災分野に女性の声を反映する動きが、自治体の間で広がり始めている。

市区町村の防災担当部署「女性ゼロ」6割

「女性が防災部局の職員になるには、家族の理解がないと難しい」「希望したくても、出産などで迷惑をかけるのでは、と思ってしま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1964文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン