/

この記事は会員限定です

古着愛着が定着 スエット価格5年で2倍、輸入量最高に

くらしの数字考

[有料会員限定]

古着の人気拡大が止まらない。矢野経済研究所によると、国内のファッションアイテムの中古市場の規模は2021年は9000億円(予測)で、この数年は毎年10%程度の拡大を続けている。海外からの輸入も増えており、21年の輸入量は8701㌧と統計を遡れる1988年以降で過去最高となった。人気なのは運動着として着用されていたようなスポーツテイストの衣料で、90年代のスエットの中には、5年前の2倍以上の価格に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン