/

トンカツにキャベツなぜ ルーツ調査隊まとめ読み

なるほど!ルーツ調査隊

何気ない習慣や生活様式の起源をたどる「なるほど!ルーツ調査隊」。新たな気づきがある温故知新のストーリーです。お正月ならではの福袋、使い捨てカイロ、そばチェーン、育児休業、トイレの音消しなどの源流のほか、トンカツの付け合わせの定番がなぜ生キャベツになったのかなどを解き明かしました。

トンカツにキャベツなぜ

トンカツの付け合わせは生のキャベツが定番ですが、最初から生キャベツだったわけではありません。ルーツを探ると、日本の食文化の懐の深さが見えてきました。

福袋の起源、「大丸が本命」説

お正月の初売りの風物詩といえば、中身が分からないドキドキ感とお得な品が入っているかもしれない期待が交錯する福袋。調べてみると、その事始めの言説も諸説入り乱れていました。

使い捨てカイロ、米軍備品に着想

手軽で安全なうえ、すぐに体を温めてくれる使い捨てカイロ。今では当たり前のように店頭に並んでいますが、冬場の必需品を開発したのは日本企業の研究チームでした。

雑誌の付録、昔は番外編

書店に出向くと、ポーチや模型などの付録が付いた雑誌が平積みになっているのを見かけます。雑誌の付録は明治時代から発展してきましたが、その源流をたどると意外な媒体が浮かび上がってきました。

そばチェーン、都内初は関西系

駅や街中で多くみかける立ち食いそば店は、手軽に空腹を満たせる庶民の味方です。現在のようにチェーン店が全国に浸透したのはいつごろなのでしょうか。

信長はバナナを食べたのか

バナナはリンゴやミカンなどを上回り、いま日本で最も多く食べられている果物です。最初に食べた日本人は織田信長との説もありますが、本当なのでしょうか。

トイレの音消し、原点は壺

海外からも多彩な機能が注目される日本のトイレ。排せつ音を紛らす擬音装置はとりわけ興味を引くようです。昔ながらの「恥の文化」から生まれました。

コインランドリー、銭湯生まれ?

ロードサイドや銭湯などでガラス張りの明るい店舗が目立つコインランドリー。1980年前後に東京都内の銭湯で一気に増えたことが全国普及のきっかけとなりました。ですが第1号は意外なところに設置されました。

育児休業、最初の導入企業どこ

2020年度に育児休業を取った人は42万人(給付金受給者)と、過去最高を記録しました。いまや育休は子育てになくてはならない存在ですが、いったいいつ、どこの会社が始めたのでしょうか。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン