/

この記事は会員限定です

打ち掛けの豊穣 海外に流出で技術途絶える恐れ

(更新) [有料会員限定]
<訂正>7月3日4:00公開の「打ち掛けの豊穣」の記事中、打ち掛けの収集者が「岩槻せつ子さん」とあったのは「若槻せつ子さん」の誤りでした。

海外から見る「日本らしさ」には、ミニマルな美が挙がることが多い。シンプルで機能に徹した表象や余白に、禅の精神性が読み込まれることも目立つ。

一方、日本には豊饒(ほうじょう)な装飾の伝統もある。多色使いが特徴でもある着物の世界に顕著に見られる。とりわけ花嫁衣装である打ち掛けには、過剰とも思えるほどぎっしりと意味と技巧がこめられる。

6月に東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催されていた展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン