/

この記事は会員限定です

風街とデラシネ 田家秀樹著

松本隆の詞の全体像に迫る

[有料会員限定]

松本隆について書くのは気が重い作業だ。80年代アイドル歌謡についてとか、ニューミュージックについてといった注文があったとする。すると松本隆の作詞に触れざるをえなくなる。だが、作品数は膨大で、おまけにロックから歌謡曲への転身を初めて遂げ、両者の間に"橋"を架けて、双方で頂点を極めるに至った存在だけに、どう頑張っても「木を見て森を見ず」な結果にしかならないからだ。

この困難の深刻さは、松本隆論がろく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン