/

この記事は会員限定です

始末のこころで暮らす 伝統と融合し持続可能な生活に

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

ものを大切にする、無駄にしない、節約・倹約する、といった意味で、主に関西で昔から唱えられてきた「始末」の精神。商家の家訓にも登場し、帳尻を合わせる、うまく終わるように物事を進めるという心がけでもあった。そこには、持続可能な社会づくりに向けた国連の開発目標、SDGsにも通ずる日本人の暮らしの倫理観がある。

日常に新たな価値添える

京都市中京区の三条通新町。築90年近い京町家を利用したNPO法人「リボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン