/

作家・又吉直樹さん「太宰のように人を笑わせたい」

複雑な人間心理を描く「WOWOWオリジナルドラマ 椅子」(27日から放送、全8話)の脚本を書き下ろした。「椅子」と「女性」をテーマにしたオムニバス作品で、吉岡里帆ら人気俳優4人が各2話主演を務める。女性の心の陰影や衝動、優しさなどを切り取った新機軸だ。

椅子というモチーフには思い入れがある。偏愛ぶりをまとめた雑誌を企画編集したほどで、ドラマでも有名デザイナーの製品が登場する。「わかりにくい物語だけれど、何かが伝わるものを目指した。難解で共感できないものを嫌う人は少なくないが、今回は単純化せず自由に書けて、やりがいがあった」と振り返る。

お笑いコンビ「ピース」のボケ担当として活躍する一方、2015年に小説「火花」で芥川賞を受賞した。その後の作品「劇場」「人間」の主人公も、どこか寄る辺のない、現実社会になじめない人物だ。「普通とか平均とかから外れた人、声を上げられない人たちを書いていきたい」という思いは一貫している。

21年夏には、オンラインに有料会員制コミュニティー「月と散文」を開設した。エッセーなどを毎週投稿して、今後の文筆活動の中心に据える。「お笑いの賞レースで、いきなり新ネタを試す芸人はいない。みなライブなどでネタを試す。小説家も同じで、文芸誌や雑誌はいわば劇場。そうした舞台を否定するつもりはないけれど、僕自身には自分で作品を磨き上げる場所が必要だった」と語る。

同時に「一人で自立して表現活動をすることも大切」と考えている。書きたいテーマもたくさんあるという。「難しいとは思うが、文章で人を笑わせたい。笑える小説ですね。太宰治にもそんな作品がありますよ」

(作家・お笑い芸人)

「WOWOWオリジナルドラマ 椅子」
主演は吉岡里帆、モトーラ世理奈 石橋菜津美 黒木華。
<第1話「電球を替えたい」のあらすじ>恋人らしき男性といさかい、置き去りにされた菜奈(吉岡里帆)を見かけた進(岩崎う大)が心配して声をかける。2人で歩くうち、進が菜奈に椅子を貸すことに。ただ、進が菜奈を気遣って差し出していたハンカチは、なぜか鮮やかなピンク色の女性物だった……。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン