/

この記事は会員限定です

雑誌の付録、今やグッズ天国 昔は「番外編」

なるほど!ルーツ調査隊

[有料会員限定]

書店に出向くと、ポーチや模型などの付録が付いた雑誌が平積みになっているのを見かける。出版不況と言われ雑誌全体の発行部数が減少するなか、付録付きの割合は2000年以降、上昇傾向にある。雑誌の付録は明治時代から発展してきたが、その源流をたどると意外な媒体が浮かび上がってきた。

付録付き雑誌の割合が高まった背景には、バブル崩壊後の1995年をピークに雑誌の発行部数がマイナスに転じ、業界に広がった危機感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン