/

この記事は会員限定です

9号や11号… 婦人服のサイズ、なぜ奇数が多い?

くらしの数字考

[有料会員限定]
<訂正>8月2日午前5時に公開した「9号や11号… 婦人服のサイズ、なぜ奇数が多い?」の記事と写真の説明文で、アミコファッションズ社長の大野順之介さんとあるのは、大野順之助さんの誤りでした。

「巣ごもり消費」が定着し、婦人服を通信販売で購入する人は多い。婦人服には「9号」「11号」といった奇数の「号」など、様々なサイズ表記がある。数字は何を示しているのか。

男性にはなじみがないが、そもそも婦人服のサイズ「号」とは何だろう?

「最も目にするのは上半身に着る服の基準となる、日本産業規格(JIS)が定めた成人女性のトップバストのサイズだ」

こう説明するのは、JIS原案作成本委員会の委員である...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン