/

この記事は会員限定です

高所得者こそ所得控除 「医療」「扶養」の範囲を確認

学んでお得

[有料会員限定]

所得が高くなると、税率が高くなったり医療費などの自己負担割合が大きくなり、控除や手当の対象からも外れる。ただ所得税率が高い分、所得控除の制度を活用すれば、相対的に税額の減り幅も大きくなる。

会社員など給与所得者の所得税は、収入から各種所得控除を差し引き、税率を掛けて算出する。税額から直接差し引く税額控除もある。控除額が多ければ税金も減る。

給与所得者の所得控除は大まかに①納税者全般が対象の基礎控除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン