/

この記事は会員限定です

世界2位のボードゲーム「カタン」 生みの親が語る魅力

「アナログなエンタメに需要」独ゲームデザイナーのトイバー氏に聞く

[有料会員限定]

年末年始の家族や友人らと過ごすひととき、ボードゲームに興じる人も多いだろう。今や国内だけで毎年1000種類ほどの作品が発売されるなど人気のボードゲームだが、ブームの火付け役とされるのがドイツ生まれのボードゲーム「カタン」だ。これまで世界で累計約3500万セットが販売され、ボードゲームとしては「モノポリー」に次ぐ、世界2位の売り上げを誇る。同作の生みの親であるドイツのボードゲームデザイナー、クラウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン