/

この記事は会員限定です

忠犬ハチ公2023年100歳に 映す時代や日本人と犬の関係

[有料会員限定]

待ち合わせ場所として日本一有名なJR渋谷駅前の忠犬ハチ公像。そのハチが2023年に生誕100年を迎える。日本人に愛され、時代とともに様々なイメージをまといながら、たたずんできた。

「ハチ公の飼い主は?」「上野(英三郎)博士!」「正解!」

5日、代々木公園(東京・渋谷)でイベントが開かれた。23年11月の生誕100年に向けた顕彰プロジェクトの一環で、ハチの故郷である秋田県大館市の福原淳嗣市長らが出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません