/

この記事は会員限定です

明治時代の日本は「夫婦別姓」? 歴史や法律をおさらい

イチから分かる選択的夫婦別姓(1)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
結婚するときに、夫婦で同姓にするか別姓にするかを選べる「選択的夫婦別姓」制度。公明党や立憲民主党が次期衆院選で導入を公約に掲げるなど、制度への関心が高まっている。4日に岸田文雄氏が首相に就任した自民党の動向にも注目が集まる。だが制度の詳細については、よく知らない人も少なくないのではないだろうか。歴史や制度導入を巡る議論などをおさらいしてみよう。

選択的夫婦別姓制度とは?

選択的夫婦別姓とは、夫婦が望...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン