/

この記事は会員限定です

歯が生えかわらない  「歯牙腫」かも、早めに治療を

元気の処方箋(大鶴歯科口腔外科クリニック院長 大鶴洋さん)

[有料会員限定]

子どもの歯がなかなか生えかわらないという悩みを聞くことがある。親としてはやはり心配になるだろう。

基本的に子どもの乳歯は大人の永久歯が下から生えてくる刺激で根っこの部分(歯根)が溶け、グラグラしてやがて抜けていく。乳歯から永久歯への生えかわりがみられない場合、例えば「歯牙腫(しがしゅ)」がこの流れを妨げている可能性がある。

歯牙腫とはエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄、線維といった本来ならば歯を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン