/

この記事は会員限定です

「演歌のようなショパン」聴衆沸かす 個性踊った鍵盤

ショパンコンクールで日本人ダブル入賞

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ポーランドで21日に最終結果が発表になった第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで、反田恭平(そりた・きょうへい、27)が2位、小林愛実(26)が4位と、日本人のダブル入賞となった。反田の2位は、日本勢の最高位だった1970年(第8回)の内田光子に並ぶ快挙だ。

反田がファイナルに登場した18日、演奏したのはショパンのピアノ協奏曲第1番だった。第3楽章での弾むようなアクションと音色に、伴奏のオーケス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン