/

この記事は会員限定です

ケーキの切り分け方 前公正取引委員会委員長 杉本和行

[有料会員限定]

独占禁止法は、個人や企業といった経済主体が公正な環境の下で、自らの判断に基づいた自由な競争をすることを保障しようというものである。経済主体が十分な情報を持った上で自由に行動し、市場で選択決定が行われれば、資源のより効率的な配分が実現し、社会全体の満足度が高まる。

経済主体は、何らかの外的な力に拘束されずに、自らの判断で自由な選択をできることにより、その満足度が高まることになる。例えば、兄の誕生日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン