/

この記事は会員限定です

映画評論家らが選ぶ2021年の収穫 新たな言語探る作家

[有料会員限定]
2021年を代表する映画ベスト3は何だったか。「シネマ万華鏡」に寄稿する評論家と編集委員が選んだ。

生活と不可分な行政 中条省平

①ボストン市庁舎(フレデリック・ワイズマン監督)
②あのこは貴族(岨手由貴子監督)
③ダーク・ウォーターズ(トッド・ヘインズ監督)

①アメリカ・ボストン市の行政の現場を徹底して細やかに記録した映画。その結果、私たちの生活と不可分の行政の本質が浮かびあがり、同時に、行政を活(い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン