/

この記事は会員限定です

居場所なき革命 吉田徹著

仏「五月革命」と価値観の転換

[有料会員限定]

本書はフランスの1968年5月学生騒動に端を発し、ドゴール政権を危機に陥れた「革命」をコンパクトにフォローし、その性格を精緻に検証した労作だ。

実は「五月革命」という呼び方には議論がある。評者自身ドゴールの評伝を執筆した際に、「革命」という言葉を使うことにはためらいがあった。なぜならドゴール大統領はこの危機に際して国民議会解散に訴え、ドゴール派は圧勝し体制は崩壊しなかった。

本書で著者はこの社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン