/

この記事は会員限定です

カンヌACIDに初の日本映画、山﨑監督「対立の先見る」

カンヌ映画祭リポート⑧

[有料会員限定]

カンヌ国際映画祭と並行して開かれている3部門のうちの一つで精鋭的な作品を対象とするACID部門に、日本映画として初めて選出された山﨑樹一郎監督「やまぶき」が、19日と23日に上映された。農業をしながら映画を撮っている山﨑は「撮影が終わって3年、編集に2年かけた作品をお客さんと一緒に見られたのはカンヌが初めて。ようやく映画が完成したのだなと思った」と感慨深げに語った。

本作は岡山県真庭市でトマト作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン