/

この記事は会員限定です

川端康成没後50年 文豪に影響与えた多様な人間関係

[有料会員限定]

ノーベル文学賞作家、川端康成が亡くなって50年がたつ。展覧会や研究書では「人とのつながり」に光を当て、その文学への影響を探ろうとする動きがみられる。

「伊豆の踊子」「雪国」「山の音」などの小説で知られる川端康成(1899~1972年)は、物心が付く前に両親を失い、14歳のとき最後の肉親ともいうべき祖父の死に出合う。そんな子供時代の経験もあって、「孤児根性」という言葉が川端作品を語るキーワードの一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン