/

この記事は会員限定です

松岡和子、シェイクスピア完訳 人間の愚かさ肯定する力

[有料会員限定]

翻訳家の松岡和子(79)がシェイクスピア戯曲全37作の個人全訳「シェイクスピア全集」(ちくま文庫、全33巻)を完結した。坪内逍遥、小田島雄志に続く3人目となる。四半世紀にわたる翻訳から見た作品の魅力を聞いた。

原文に忠実に訳す。言い換えるならば「解釈はするけれど、演出はしない」。松岡が自身の翻訳の芯に据えてきたことだ。

「女性キャラクターだからと女性的な語尾をつけるのは『演出』。原文を見るとそうな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン