/

この記事は会員限定です

エンディングノートどう書く? 「遺志」を気軽に記録

学んでお得

[有料会員限定]

人生の後半期以降について書き残すエンディングノート。将来、残された家族の負担やトラブルも減らせる。法律で手続きなどが定められた遺言と違い、自由な書式で手軽に始められるのが特長だ。書き方のポイントや注意点を知っておこう。

千葉県の会社員、入沢充明さん(55)はエンディングノートを書き始めた。亡き父が残した薄いB5ノートに、葬儀の希望、死亡したときに知らせてほしい人の名簿、財産の記録などが書いてあり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン