/

この記事は会員限定です

医学・建築…コロナ下の学生 民間奨学金が救いの手

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で大学生の困窮が問題になるなか、民間の奨学金制度が広がり始めている。経済援助を目的とする公的な奨学金とは違い、篤志家や企業が専門分野の若手育成を目指す目的で立ち上げており、学生には人脈づくりや学びの場にもなっている。

アルバイト収入減で行き詰まった医学部生に支援金

「経済的に苦しく、休学を考えていました」。一般財団法人「人間塾」(東京・千代田)が9月12日に奨学生向けに開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン