/

この記事は会員限定です

着席保証列車とブロックトレイン コロナ後の切り札か

鉄道の達人 鉄道ジャーナリスト 梅原淳

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に明け暮れた2021年が終わろうとしている。国内の鉄道業界を振り返ると、ある特定の性質をもつ列車が注目を浴びた。その一つが着席保証列車だ。

着席保証列車とは広義では指定席が連結されている列車ならば何でも該当するが、狭義では朝夕の通勤・通学時間帯に運転される速達列車で、なおかつ全員が着席できるように全車両または一部車両の座席または号車が指定された列車を指す。

乗車券のほかに特急...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン