/

この記事は会員限定です

将棋王座戦名勝負 中原誠VS大山康晴、AIが解析

[有料会員限定]

中原名誉王座の自戦解説も

将棋王座戦(日本経済新聞社主催)の70期を記念して、過去の名勝負を紹介します。取り上げるのは1974年10月17日に指された第22期の三番勝負第3局▲中原誠王座対△大山康晴十段戦。中原誠名誉王座(十六世名人、74)が6連覇を達成した一局。人工知能(AI)による解析と、中原名誉王座自身の証言で振り返ります。=以下対局者の敬称略

異例の呉越同舟

〈初手からの指し手〉▲7六...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

王座戦70年

囲碁と将棋のタイトル戦「王座戦」(日本経済新聞社主催)が創設から70年を迎えました。対局結果などの最新ニュースと特集・解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン