/

この記事は会員限定です

朝食という贅沢  コロナ禍で変わる朝のひととき

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

在宅勤務の普及や夜の外食機会の減少を背景に、朝食をゆっくり楽しむ機運が高まっている。食文化は社会を映す鏡といわれる。戦後、働き者の日本人は朝の時間のゆとりを失い、朝食を食べない人も増えた。そんな傾向が新型コロナウイルス下で、図らずも見直されつつあるのだ。朝からキッチンに立って支度をしたり、朝食専門店を訪れたり――。忙しい一日がはじまる前、食卓を囲むひとときは、豊かさと贅沢(ぜいたく)に満ちている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン