/

この記事は会員限定です

ただの酒飲みではない 元禄武士、文左衛門の日記に光

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

元禄時代の名古屋に、見たこと聞いたことを何でも書き残さずにはいられない男がいた。尾張藩士の朝日文左衛門だ。彼の膨大な日記「鸚鵡(おうむ)籠中記(ろうちゅうき)」をのぞくと、「武」から「文」への武家社会の変化の中で独自の人生哲学を確立し、「自分の時間は存分に楽しもう」と芝居や釣りなどの趣味にどっぷりつかる勤め人の姿が浮かび上がる。文左衛門流のワークライフバランスをちょっぴり参考にしてみませんか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン