/

この記事は会員限定です

幻に真剣に浸る者の矜持 藤島大氏が選ぶ一冊

昭和プロレス 禁断の闘い 福留崇広著

[有料会員限定]

アントニオ猪木対ストロング小林。リング史に刻まれる48年前の「日本人対決」とその前後の全体像を現役スポーツ紙記者が描く。

ストロングこと小林省三は、昨年の大晦日(みそか)に81歳で死去した。怪力で鳴った。引退後は芸能界にも呼ばれた。明朗にふるまって、どこかさみしそうだった。最晩年の発言の印象も変わらない。本書を「息絶えるまでプロレスラー」の物語として読んだ。

著者の調査は周到だ。そして取材はほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン