/

この記事は会員限定です

彼女の笑顔のために 小説家 桜木紫乃

[有料会員限定]

信号待ちで、運転席の前をさっと横切ってゆく自転車に目を奪われた。

頭を美しい布(ヒジャブ)で覆い、同じ柄の洋服を着ている女性だった。黒っぽい布に緑の縁取り、キラキラと輝くビジュー。ついつい見とれるくらいの颯爽(さっそう)とした姿で、自転車を漕(こ)いでゆく。

きっとあのスタイルは彼女も気に入っていて、周りにも褒められているんじゃないかと想像した。おしゃれは世界共通のものなんだと、改めて気づいた日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン