/

この記事は会員限定です

生きるヒントや暮らしの知恵、「女わざ」に求めて

炊事や裁縫など、東北に残る手仕事を40年かけ記録・保存 森田珪子

[有料会員限定]

「花は心、種は態(わざ)なるべし」。猿楽の名手・世阿弥が芸の基本は型だと考えて記した言葉だ。私たちにとって生活の基本といえば、衣食住ではないだろうか。私はかつて主に家庭内で女性が担った炊事や裁縫などの手仕事の知恵を「女わざ」と捉え、東北地方に伝わるものの記録と保存に40年近く携わってきた。

1933年に千葉県で生まれた私は67年、教育映像作家だった夫の故郷、岩手県前沢町(現奥州市)に嫁いだ。東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン