/

この記事は会員限定です

視界に糸くず、実は飛蚊症 多くは加齢で生じるが…

元気の処方箋(アイリス副社長・眼科専門医 加藤浩晃さん)

[有料会員限定]

目の前に黒いゴミや糸くずのようなものが飛んでいるように見える。形や大きさは様々で、目を動かすとその方向についてくる。このような症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ぶ。高齢者はもちろん、20代の若者でも症状が出る人はいる。

実は目の中というのは空洞ではなく、その大部分は無色透明なゼリー状の「硝子体」といわれるもので満たされている。硝子体は年齢とともに成分が変化していき、一部に濁りやシワができることがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン